ワンルームマンション投資で失敗しないために

住宅ローンを滞納し自己破産する

実は難しいワンルーム

メインイメージ

ワンルームマンション投資で失敗しないために

ワンルームマンション投資は、手っ取り早く始められ、都心部なら間違いなく需要が見込めるという触れ込みです。

では失敗例はないのでしょうか?

ワンルームマンション投資、中古マンションなら安く買えるから、貸してさえおけばキャッシュフローが入るからというけれど、実際売却の段になって、売れない、価格がつかないというようなことになったら、投資損益としては、どうでしょうか。

失敗と言ってもいいかもしれません。

1500万円のワンルームマンション投資にかけたとして、5パーセントの利回りで5年間運用して、375万円の利益が出たといいますが、これは、5年後のそのマンションの価格が1500万円だったときの、利益にほかなりません。

中古マンションが5年後も同じ値段なわけがないので、これはナンセンスです。

このような売り文句をうのみにしてしまうと、失敗してしまいます。

また、このようなワンルームマンション投資の場合、家賃が5年間、同じだったならという但し書きもつきます。

都心部の物件余りで、賃貸がなかなか埋まらない場合、ときに家賃価格を下げないと人が入らないこともままあります。

マイナス額が出てしまうので、失敗感が強いです。

中古マンション、比較的新しい平成の物件と言っても、すでに10年20年という築年数がたっています。

ローンを返済して、ここからは家賃はすべて安定収入と思う頃には、築年数が上がって、30年とか40年となっている場合も容易に想像できます。

売却時のことを考えて、長期保有の賃貸物件は難しいと考えるのが普通です。

諏訪市 住宅ローン控除
住宅ローンを滞納し自己破産する Copyright (C) wlmirror.com. All Rights Reserved.