自己破産と住宅ローンを考えよう

住宅ローンを滞納し自己破産する

早い決断がカギを握る自己破産と住宅ローン。。。

メインイメージ

自己破産と住宅ローンを考えよう

不動産を購入するということは、恐らく人生の中で1番高い買い物となっているのではないでしょうか。

住宅ローンの金利は安いのが特徴ですが、30年もしくは35年ローンとかなり長い期間にわたって返済していかなければいけません。

生活なども苦しくなると自己破産を申告することをおススメします。

自己破産の申告をする際、きっと認めたくない部分もあるかもしれませんが、素直になった方が身のため…ということもあります。

住宅ローンに関しても自己破産すれば支払う能力はありませんよね。

その際は、競売にかけられることは是非とも避けなければいけません。

住宅を手放すとなると競売と任意売却があります。

任意売却の場合、自分から率先して行動しなければいけないので面倒だと思われるかもしれませんが、メリットはたくさんあります。

1番最大なメリットとしては、競売よりも高い値段で買い取ってもらえるということでしょう。

本当は、負債が残らずに完済出来ればいいのですが負債が残ることの方が多いようです。

出来るだけ高い値段で買い取ってもらいたいというのは、誰もが思うことで残る負債の額だって随分と変わってくるはずです。

早い決断が鍵を握ることになるかと思います。

住宅ローンを滞納し自己破産する Copyright (C) wlmirror.com. All Rights Reserved.