住宅ローンを滞納して3か月

住宅ローンを滞納し自己破産する

そもそも年収に見合った借金なのか

メインイメージ

住宅ローンを滞納して3か月

住宅ローンの滞納が3か月続けば、住宅金融支援機構や銀行から、ローンの一括返済を求められます。

一括返済をするか、不良債権とみなされて競売にかけられるかということですから、かなり深刻です。

住宅ローンを滞納すると、支払の督促状や催告書が届きだします。

住宅ローン契約時に、ローン保証期間とも契約をしているので、滞納している場合には、保証会社が、住宅ローンの残高を全額支払ってくれます。

代弁済、保証履行と言われる行為です。

保証会社は当然、支払った金額分を、一括返済するよう、求めてきます。

住宅ローンを滞納しているような状態で、一括返済をすることは不可能ですから、家を売却して支払にあてるということになります。

支払が常に遅れてしまうような人は、支払にムリがある額の借金を背負ってしまっている人ということです。

そもそも限られた年収で、サラリーマンの手取りは下降傾向のまま。

そんな中、頭金、月々の返済に、諸経費の100〜200万円、引越で買いえた家具や家電のカードローンなど、最初の1年でも相当長くの費用が必要なのが、不動産購入です。

深みにはまる前に、冷静に自分の月々の支出と、収入のバランスを見つめ直す必要があります。

住宅ローンを滞納し自己破産する Copyright (C) wlmirror.com. All Rights Reserved.